これからの学校教育を考える ○1

 私たち誰もが通過してきた道、それは学校生活です。私たちは当たり前のように学校で貴重な時間を過ごし、かけがえのない友人を作ったりしてきています。しかし、学校というものが当たり前の存在としてあり続けていけるかどうか、今その岐路に立たされているのかもしれません。 学校という教育現場は、昨今のいじめ報道や、学級崩壊などの問題から、苦境に立たされていると言わざるを得ないでしょう。これは、子どもを取り巻く環境がひと昔と比べて格段に複雑化してきていることが原因にあると考えられます。一つには、インターネットや携帯電話をはじめとした、メディアが進化したことによる教師の盲点が増えたことが考えられます。もう一つは子育ての環境が関係あるのではないでしょうか。少子高齢化や核家族化による、親の子どもに対する家庭教育の質の低下などがそれにあたります。

東京 婚活

税理士 台東区

モデル派遣

RMT

新潟 住宅